GALLERIA

KTS(コンパクト)

「小よく大を制す」ゲーミングPC「GALLERIA」の魂(スピリッツ)を宿す、コンパクト筐体

果てしなく拡がる仮想世界、そこで繰り広げられる熾烈な戦いや壮大な冒険。その入口となる、コンパクト、それでいて一際存在感を放つ1台のゲーミングPC。仮想世界のすべてを描ききる性能を秘めていることをイメージし、鋭さと力強さを併せ持つ 日本刀をモチーフとしたフロントパネルのサイドシェイプは、二人の兄、 ミドルタワーサイズの「KT」、ミニタワーサイズの「KTM」から受け継いだGALLERIAの魂。現実世界の限られた空間から、無限の可能性を秘めた仮想世界へ・・・・・高さ323mm、横幅140mm、奥行き317mmの小さなGALLERIAが、貴方を誘います。

KTS(コンパクト)
KTS(コンパクト)

合理性を追求して導き出された、独特なエアフロー

通常、PCケース内部への吸気、外部への排気にはほとんど寄与しないCPUクーラーと電源ユニットのファンを、吸気/排気に活用する斬新な設計を採用。これにより、吸気/排気専用ケースファンを搭載するための空間が不要になり、非常に コンパクトな筐体サイズを実現するとともに、騒音源となるファンの数を削減。高い静粛性と、ハイエンドCPUも搭載可能な優れた冷却性能を両立しています。

KTS(コンパクト)
KTS(コンパクト)

ゲーミングPCに求められる性能を、コンパクトに凝縮

サイドパネルには、CPUとグラフィックスカードをダイレクトに冷却可能な追加ファン搭載スペースを用意。発熱量の大きなハイエンドCPU、グラフィックスカードを搭載したマシンも、豊富なエアインテークで効果的に冷却します。

KTS(コンパクト)
KTS(コンパクト)

思い描いた構成を実現可能にする、標準ブラケット×4段の拡張スロット

グラフィックスカードのほか、クリアで迫力満点のサウンドを堪能することができる 高音質サウンドカードや、キャプチャーカードなど、さまざまな拡張カードを搭載可能な 4段の拡張スロットを備えています。コンパクト/スリムタイプのPCケースに多いLowProfileブラケット専用タイプではなく、 標準ブラケットのカードを搭載することができますので、こだわりの高性能・高機能カードの 搭載も思いのままです。

KTS(コンパクト)
KTS(コンパクト)

ハードディスク/SSDを2台搭載可能なシャドウベイ部

大容量3.5インチハードディスクを2台搭載することができる内部シャドウベイを備え、 数TBクラスのデータもスマートに保存することができます。 また、OS用とデータ保存用のハードディスクを分けることで耐障害性を高めるデュアルドライブ構成や、 高速なSSDと大容量ハードディスクの組み合わせも自由自在です。 さらに、前面のメッシュ吸気口の直近にハードディスクを配置することで、効果的に 冷却することで安定した動作と長寿命化にも貢献しています。

KTS(コンパクト)
KTS(コンパクト)

「デスク」にも「シェルフ」にも幅広い場所にすっきり収まるスモールサイズ

デスクトップPCとしてはコンパクトなミニタワー型筐体よりも、さらに約100mm短い「317mm」の奥行き。サイドボードやキャビネット、書棚といった奥行きの浅い家具にも、「KTS」はスッキリ設置 することができます。インテリアアレンジをよりフレキシブルに、ゲームプレイのスタイルをよりカジュアルに。コンパクトな「KTS」が、貴方のゲームライフをより一層自由にしてくれます。

KTS(コンパクト)
KTS(コンパクト)

デザインとユーザビリティの融合

前面パネルには、2基のUSB3.0ポートとマルチカードリーダー、スイッチ、インジケーター類を配置。携帯電話やデジカメ、携帯ゲーム機などとのデータ移動に便利な、SD、microSDを直接読み書き できるカードリーダーをはじめ、USBやヘッドホン出力、マイク入力といった使用頻度の高いポートを 使いやすい位置に備えています。

KTS(コンパクト)
KTS(コンパクト)

縦置き/横置き両対応

設置面積が少なくすっきり収まる縦置きと、安定感があり本体の上を有効活用できる 横置き、2通りの設置が可能です。GALLERIAエンブレムも、それぞれの位置に合わせることができる可動式で、どちらの 設置方式でも精悍で力強いイメージを損ないません。

KTS(コンパクト)
ページの先頭へ